宿題をやりたがらない子供の対処法

朝日学生新聞社の子供新聞

宿題をやりたがらない子供の対処法

 

小学生の子供が宿題をやらないとお困りの親御さんは少なくないですね。

 

何度も言わないと宿題をやらない、自分から率先してやって欲しいのに遊びが先になる、そんな子供の対処法はどうしたらいいのでしょうか?

 

ご自分のことを思い出しながら、お子さんに『どうして言われないと宿題をやらないの?』か、聞いてみて下さい。
きっと、「今やろうと思ってたのに〜」とか、ありがちな答えが返ってくるでしょう。

 

そんな子供は、やらなければいけないとわかっているのでまだ救いがあります。

 

問題は、「だって面倒くさいんだもん」とか「あ!忘れてた」こんな答えが返ってくるようでしたら少々問題があります。

 

ここは、決して感情的にはならずにどうして宿題をやらなければいけないのかを言って聞かせてください。

 

勉強する事は子供にとってのお仕事なのよ。宿題は明日までやらなければいけないお仕事でしょ。

 

大人になっても仕事には期限があることが多いのよ。期限を守らないような大人は仕事で信用をなくしてしまうの。
約束は守らないといけないのはわかっているよね。

 

じゃぁ今日のお仕事である宿題をさっさとやってしまいましょうね。

 

 

こんな感じで決して怒るのではなく、子供自身が納得できるように諭してあげてみましょう。

 

きっと、わかってくれると思います。

 

わかっていても後回しにしたいのが子供です

宿題はやらなきゃいけないことをわかっていても、お友達が誘いに来たとか、見たいテレビが始まったからとか、ついつい後回しにしたがるのはしかたがないことだと思います。

 

問題は、子供が後回しにするのなら、ママもご飯作るの面倒だな。今このテレビが見たいから後でつくろうかなと、子供を困らせて考えさせるのも一つの手です。
もしも、パパが今日は会社に行くのが面倒だなと、お休みばかりしていたらどうする?
ガミガミ怒るのではなく、子供に考えさせるようにしましょう。

 

最後の手段は一緒にやる
宿題をやろうとしても、気が散るような子供はADHDの可能性もあります。
しかし、そのような子供でも、親が一緒にやろうという姿勢をみせると、喜んで宿題をするようになるものです。

 

時間を捻出するのは、大変ですがそれは子供にとっても同じかもしれません。
子供の勉強についていけるのも小学生のうちだけかもしれないと思って、一緒に勉強を楽しむつもりでお付き合いしてあげるのもいいですよ。